ブログ

【特集|空き家物件が生まれ変わるまで③】1階の大がかりな工事はほぼ完了。昭和レトロな雰囲気が残る2階のDIYの行方は?

サークル不動産【特集|空き家物件が生まれ変わるまで③】

<2階の廊下。アンティークガラス「ダイヤガラス」が雰囲気を高めている>

第2回目の取材から、年をまたぎ2ヶ月半経ったこの日。全体を見回してみる限り特段目についた変化はありませんでしたが、部分部分でのDIYが進行していたり、設備設置が完了している箇所が多く見られました。

解体後の何もない空間から、徐々に住居らしさが蘇ってきた感じがあります。

<玄関の正面奥、廊下の先にお風呂と脱衣所・洗面スペースがあります>

まずは1階。お風呂場の様子からご紹介していきます。

<お風呂。薄いブルーの壁と白色バスタブの配色が爽やか>
<脱衣所と洗面スペース。洗濯置き場と小窓もあって清潔感溢れる空間です>

次にリビングダイニングルームへ。

<白木と全面窓から入る日差しが相変わらず心地よいリビングダイニングルーム>

ぱっと見は2ヶ月前と変わらないけれど…床面の掃除が行われていて、粉埃などがなく綺麗。細部に目を移してみると、壁の上面にエアコンが設置されていたり、隣接する台所のキッチン台も片付いていたりと、設備が一新されています。

<キッチン台の上に置かれていた雑多な物が片付いていてスッキリ>

1階の間取りは3LDK+納戸。この広いリビングダイニングルームとキッチンスペースと、洋間個室が2部屋、玄関入って右側にあります。残り3つめのお部屋と納戸はどこでしょうか?

***

リビングダイニングルームにひとつ、キッチンスペース横にひとつ、お部屋というには小さ過ぎる「入り口」を発見。

<キッチンの横には小さな扉があります。ここが納戸でしょうか?>
<扉をくぐるとそこは…天井の高い縦空間のある広々としたお部屋でした!>
<そしてもうひとつ。リビングルームの奥にも小さい部屋がありました…>
<こちらが納戸でした。隠れ家みたいでワクワクしますね>

***

最後に、本シリーズ初公開!となる2階の様子をご紹介します。

<いざ、階段を登って2階へ>
<2階の間取りは、個室が2つと、トイレが1つ(写真正面)あります>

2階については大幅なリノベーションは行われていない様子です。オーナー様のDIYによって、この昭和レトロな雰囲気が残るこの空間がどのように生まれ変わるのか?とても楽しみであります。

<お部屋①|壁面のペイント作業が行われている様子>
<お部屋②|家具やインテリア小物などが撤去されていました>
<2階の壁面。素地の木色からホワイトカラーへと変化中>
<お庭から眺める2階。ベランダが広いです>

次回の取材では2階がどのように変化したのか?引き続き追っていきます。お楽しみに/

(取材日:2022年1月22日)

【弊社管理物件へのお問い合わせは、問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ】


(取材・編集・執筆/Communication Smoothie)

関連記事

ページ上部へ戻る